5-1 企業価値評価

M&A時、企業組織再編時、または第三者割当増資時等で必要とされる株式評価を行います。当事務所は以下のプロセスで株式評価を行います。

  1. 対象企業の理解
  2. 経済環境の評価
  3. 評価アプローチの決定
  4. 財務データの補正
  5. 企業価値の見積算定
  6. 除外する評価手法の決定
  7. 公正市場価値の決定
当事務所は18種類以上の評価手法で企業価値を見積算定し、さらに企業を取り巻く様々な経営環境を考慮した上で対象企業の公正市場価値を算定します。

 

財務データの補正に関しては対象企業の試算表を国際財務報告基準 (IFRSs) あるいは中小企業向け国際財務報告基準 (IFRS for SMEs) ベースへ組み替えた上での企業価値算定にも対応しております。

 

評価対象企業が海外企業の場合には、対象企業の試算表を現地国基準から国際財務報告基準 (IFRSs) あるいは中小企業向け国際財務報告基準 (IFRS for SMEs) ベースへ組み替えた上で企業価値評価を行います。

 

評価対象企業の財務データが公正な市場価値を算定する前提に欠けている場合は、対象企業に対して財務デューデリジェンスを実施することが必要になります。