4-2 合意された手続

合意された手続(Agreed upon procedures) とは業務実施者が、業務依頼者の依頼に基づき、業務対象に関して合意された手続を実施し、その実施結果の報告書を作成および依頼者に提出する手続をいいます。

合意された手続は、独立の第三者として評価結果についての結果を報告することにより信頼性を付与するものではないため、監査•保証委員会研究報告第20号で定義された保証業務には該当しません。「公認会計士等が行う保証業務等」の等の部分に該当する手続になります。

当事務所は大手監査法人国際部出身の公認会計士が豊富な経験に基づき手続の合意、実施、実施報告書の作成を行います。報告書は英語あるいは日本語いずれにも対応します。(どちらを正本とするかは業務依頼者との協議により決定します)