4-1 海外向けリファード任意監査

外資系企業の海外本社の監査人(以下「主たる監査人」)の依頼に基づき、いわゆる「他の監査人」として日本における子会社あるいは支店の財務諸表等(海外本社において連結決算の基礎となる連結パッケージの試算表部分)の財務諸表監査を実施します。財務諸表監査の手続きには企業の内部統制の状況を把握および評価する、統制リスク評価手続が当然に含まれます。監査契約は日本における子会社あるいは支店と締結しますが、監査報告先は海外本社の監査人となります。