4 監査


公認会計士は、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査または証明をすることを業とするものをいいます。(公認会計士法第2条1項)財務書類の監査または証明は日本国においては、特例として内閣総理大臣より承認を受けた外国公認会計士(2012年9月末現在合計4名)を除き、公認会計士(2012年9月末現在合計24,035名)の独占業務とされています。(公認会計士法第16条の2参照)

なお、公認会計士法は大会社等を対象とした監査業務と一定の非監査証明業務(記帳代行業務等)の同時提供を監査の独立性の観点から禁止しています。

当事務所は以下の監査保証業務等をクライアントに提供します。