2-2-3 財務分析

自らの財政状態を的確に把握することにより企業は業務を改善し、生産性を上げひいてはそれぞれの企業の使命を達成することが可能になります。的確な財務分析を実施することは今日の競争の激しい各業界において勝ち抜くための重要な要素です。当事務所の財務分析サービスはクライアントが自らのコストと収益性につき理解することを可能にし、結果として月次、年次あるいはプロジェクト単位の案件につき的確な意思決定を可能にします。

当事務所は海外の最新アプリケーションを導入しクライアントの財務情報を最大限活用します。当事務所はクライアントの財務データにつき、1.会計アプローチ分析2.業績比率分析3.予測分析4.経済アプローチ分析の4つの異なる側面から分析を行います。

  1. 当事務所の分析はクライアントの損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書ならびに株主資本変動計算書をカバーします。
  2. 当事務所の業績比率分析は比率分析財務諸ならびにデュポン式の業績比率分析を提供します。
  3. 当事務所はクライアントに有効な当期業績予測を提供します。
  4. 当事務所の経済アプローチ分析はNOPAT(Net Operating Profit After Tax: 税引後営業利益) 分析、資本分析、資本コスト分析ならびに経済的利益分析を提供します。